視覚障がい者のためのボクシングがあることを知っていますか?

Do you know that there is a sport of boxing for persons with visual disability?

I am posting this information here in hope to spread to the world.

Through boxing training with them, I convinced that they have eyes in ther mind.


On 13 May 2018, All Japan Boxing national championship for persons with visual disability was held at Nagoya Ohashi boxing gym in Japan.

This is the world's first trial.


Hiromasa Ohashi, the former Oriental and Pacific champion, Nobuyuki Enomoto, the former No.1 contender Japan light flyweight class and Ryuji Muramatsu, the former No.1 contender Japan light flyweight class, judged the matches and professional announcer live coveraged.


This sport was born in Nagoya and created by Masato Sano,

"One of human's great abilities is to cover for a sense with the other senses. This tryal aims to encourage them to self-support and social participation by awaring of their new possibility through the activity, to deepen mutual understanding through the relationship, and to promote inclusive social environment."


https://blindboxing.jimdo.com/


The sport has unique rules taking account of safety.

Offense and defense alternate between a blind player and a trainer with a normal healthy body.

In offense, a player attacks with various kinds of punches.

A trainer has a bell on his neck and jump with mincing steps to inform his present position.

A player punches to the sound of the bell, and points are added.

On defense, a trainer informs him to a number of attack in some combinations arranged in advance. a trainer attacks and a player blocks their punches.


Three judges score these offenses and defenses and determine the outcome.

To keep fairness, 2 players matches in turn, against same trainer. the result is determined by tornament system.


視覚障がい者のためのボクシングがあることを知っていますか?

2018年5月13日、名古屋大橋ボクシングジムにて、視覚障がい者のためのボクシング全国大会が行われました。

これは世界初の開催です。

大橋弘政(元東洋太平洋チャンピオン)

榎本信行(元日本フライ級1位)

村松竜二(元日本ライトフライ級1位)

彼らがジャッジし、プロアナウンサーが会場で実況中継しました。

この競技は、現在のブラインドボクシング協会会長 佐野雅人さんが考案した日本の名古屋市で発祥したスポーツです。


「人間の体のすばらしさは、五感のひとつが損なわれても他の感覚によってその障害をカバーしうることにある。 視覚障がい者がこの競技を通じ、新たな可能性に気づくことよって彼らの自立と社会参加が促進されること。 また、活動を共にする人々が視覚障がい者と交流することによって視覚障がい者に対する理解が深まり、彼ら、彼女らによる視覚障がい者を受入れる社会作りが促進されることを目的とする。」 (ブラインドボクシング協会理念)

https://blindboxing.jimdo.com/


【競技ルール】

この競技は安全面を配慮した独自のルールがあります。

競技者は健常者のトレーナーを相手にオフェンス(攻撃側)とディフェンス(守備側)が交互に入れ代わる。

オフェンス時は、相手に向かって様々なパンチで攻撃する。

トレーナーは首から鈴をつけており、身体を小刻みにジャンプさせながら鈴の音を鳴らし自分の位置を競技者に知らせる。

競技者は鈴の音を頼りにパンチを打ち込み、その攻撃の技術が得点で評価される。

ディフェンス時は、トレーナーが予め取り決めた数種類のコンビネーションの中から番号で競技者に伝えるとともに攻撃する。競技者はタイミングを合わせそれらのパンチをブロックする。

これらオフェンス、ディフェンス動作を三人のジャッジが採点し勝敗を決める。

公平さを期するため同じトレーナー相手に二人の競技者が順に競技して勝敗を決めていくトーナメント制。


私は彼らと一緒にトレーニングし、心の目が存在していることを確信しました。 そして、この競技が世界に広まる事を願い、ここにシェアします。




【Hennastasia(ヘナスタシア)】 タロット占い&メヘンディ

名古屋駅から徒歩5分。愛知県を拠点に活動中の「タロット占い」&「メヘンディ(ヘナタトゥー)」のお店です。