「GW台湾旅行記 その2・深夜に桃園空港に到着したら」

1日目

LCCで深夜に桃園空港に到着。


まずは台北のホテルまでたどり着かなくては。

桃園空港~台北駅まではバスで1時間、MRTでは40分前後。


この時間、もうMRTは運行していないので、深夜早朝組はバスかタクシーしかありません。

バス停、長い行列。

なんとかホテルに着いたのはもう明け方近くになってからでした。


そのまま寝るのもむしゃくしゃするので、近所の小籠包屋でお疲れさま会。

小籠包と何かの湯麺。

疲れと眠気であんまり味は覚えてない。


だけど、食べ終わってからホテルまでの道を歩いているとだんだん日が昇り、街の様子が見えてきて、ああ外国に来たんだな~とワクワクしました。


とりあえずゆっくり寝よう。
という感じで1日目終了。

ホテルはPlace‧X Hotel。
MRT象山駅から歩いてすぐ。

ホテルから駅方向に歩いてそのまままっすぐ行くと台北101。


逆方向に歩くとコンビニやコインランドリー、24時間営業の小籠包屋さんがあったりして、便利でした。

象山駅はたしか終点だったのでどこ行くにも電車が空いてるって言うのも良かった。

地下なので窓がないのがアレですけど、台北駅から離れているせいなのか、そんなに混んでいる感じもなく、静かでスタッフも親切でした。

深夜のコンビニで会ってちょっと話したりもしました。

2泊とっていたのですが、移動する理由も特にないのでそのまま延泊。


象山(xiangshan)の発音を教えてもらったんですけど早口で「シアンサン!」って言うと結構通じました。
ゆっくりだと「シアンシヤン」って感じでなんだか難しかった。


次回「台湾旅行記 その3」に続きます!


あれですよ。

「旅行行くけど、ホテルAとBどっちがいい?」とかそういう事も占えますよ!



【Hennastasia(ヘナスタシア)】 タロット占い&メヘンディ

名古屋駅から徒歩5分。愛知県を拠点に活動中の「タロット占い」&「メヘンディ(ヘナタトゥー)」のお店です。